副作用について|大人カロリミット体験レビュー

大人カロリミットに副作用はあるの?

大人カロリミットの副作用

大人カロリミットはダイエットサポートとして人気がありますが、副作用はあるのでしょうか。
注意書きを見ると、体質、体調によって、肌がかゆくなったり、発疹が出たりすることがあり、また胃に不快感を覚える、下痢や便秘になることがあるようです。

 

サプリメントは食品であるので、基本的に用法用量を守っていれば健康に悪影響を及ぼすことはありません

 

ただし、胃腸の調子が悪かったりすると、このような症状が出てしまう人もいるようです。

 

しかし稀に起こることですから、大半の人に起こることではありません。
体調によっては飲む量を調整したり、日を空けて飲む、飲みすぎた翌日に飲むなどすると、特に問題なく大人カロリミットを続けられると口コミにもあります。

 

サプリメントで摂取した栄養素は、過剰であれば排泄物として体の外へ出ていくものです。
逆に言うと、摂り過ぎても出て行くので意味が無い、ということなので、なにかの間違いで飲み過ぎてしまってもあまり気負いする必要はありません。

 

副作用の恐れで注意が必要なのは、他の薬との飲み合わせです。以下で詳しく説明します。

 

大人カロリミットの飲み過ぎに注意が必要な人

大人カロリミットの飲み過ぎ

大人カロリミットは基本的に飲みすぎても副作用は起こりづらいという人が多いですが、飲みすぎに注意が必要な人もいます。それは糖尿病の方です。

 

大人カロリミットに含まれるギムネマシルベスタには低インシュリンダイエット効果※があり、糖分を体内に吸収されづらい役割を持っています。
※低インシュリンダイエットとは…インシュリンは高ければ高い分、エネルギーを体に蓄わえ、脂肪をつけていきます。インシュリンダイエットはインシュリンの分泌を早めてしまうGI値を少なくしてインシュリンを低くするという減量方法です。

 

そのため、インドなどでは糖尿病や肥満予防として使われているのですが、糖尿病で薬を飲んでいる人の場合、この作用によって低血糖を起こす可能性があります。カロリミットと糖尿病で使用される血糖値を抑える薬が似たような働きをするため、血糖値が下がりすぎてしまうのです。
大人カロリミットはどんな状態であっても、糖分や脂肪分、炭水化物の吸収を抑制します。
糖尿病で血糖値を抑える薬を飲んでいる人は、必ずかかりつけの医師に相談してから服用するようにしましょう。

 

このように、場合によってはカロリミットとの飲み合わせに注意が必要なものもあるので、なにか薬を飲んでいる場合は医師に確認することが必要です。
特に問題なければ、体重キープや減少のために、ダイエットのサポートサプリメントとして服用するのに適しています。

 

⇒無期限保証付き!大人カロリミットの公式サイトへ

 

大人カロリミット体験レポートへ