太りにくい食べ方、時間|大人カロリミット体験レビュー

太りにくい食べ方

太りにくい食べ物

食べ方を工夫することでダイエットが成功するのなら、試してみたいですよね。
元々食べることが好きという方が、食べることをセーブしてダイエットを実践するのはなかなか難しいことです。

 

太りにくい食べ方のコツとしてお伝えしたいのが「食べる順番」です。
寝る前の夕飯に、消化の良くないものを食べたらどうなるでしょうか。
食べたものが消化される前に布団に入り横になる、結果的に太ることに繋がってしまいます。
そのため、エネルギーとなる食材のご飯やパンなどは朝、お肉や魚などは昼食、夜は野菜料理、それぞれをメインにした食事を心がけるといいのです。
もちろんそればかりを食べるのではなく、あくまでもメインとして食べるということです。

 

 

太りにくい食事時間

太りにくい時間

あまり知られていないようですが、食べるタイミングを正しくすることで太りにくいことが分かっています。

 

人間の体は一日の中で血糖値が上がるときと、血糖値が下がるときがあります。
血糖値が上がるときに食事を摂るよりも、血糖値が下がったときに食事を摂ると太りにくくなるのです。
夜遅い時間に食べると太ると言われていますが、血糖値が関係していたのです。
血糖値が下がる時間帯は、6:00~7:00、10:00~11:00、16:00~17:00と言われています。
毎日この時間に食事を摂るのは難しいですが、太りにくい食べ方を意識することで、ダイエットが近道になるのです。

 

ちなみに、食べることを極端にセーブせずダイエットを実践したい場合、ファンケルのサプリメント「大人カロリミット」を摂り入れる事をお薦めします。太りやすいといわれている成分を、しっかり分解してくれる成分が配合されているので、食事のときに一緒に大人カロリミットを摂るとダイエット効果が期待できます。

 

 

大人カロリミット体験レポートへ